結婚指輪の素材 | 手作り結婚指輪さがそうin東東京

結婚指輪の素材

HOME » 結婚指輪 東東京 » 結婚指輪の素材

結婚指輪の素材はどうする?

結婚指輪を用意するときのポイントとして素材をどうするかは非常に重要な要素になります。

結婚指輪に使われる素材は選択肢がいくつかありますから、それぞれの特徴を把握して自分たちに合ったものを選ぶようにしましょう。

まずもっともスタンダードな素材と言えばプラチナで、これはプラチナの白い輝きが純白をイメージさせるからで結婚とのイメージがマッチするからでしょう。

またプラチナは高級感があるだけでなく錆びにも強いので経年劣化しにくく、いつまでも綺麗な状態をキープしやすいのも大きなポイントになります。

ただ素材としては柔らかい部類に入るのでその他の金属を混ぜた合金にすることが多いです。

プラチナ以外にもある結婚指輪の素材

プラチナ以外にも結婚指輪に使われる素材はまだまだあります。

たとえばピンクゴールドやイエローゴールド、ホワイトゴールドといったゴールド系もプラチナに次いでスタンダードな素材として知られています。

ゴールドもプラチナと同様に劣化しにくい素材として知られていますし、加工がしやすいので高級感をキープしつつもデザインのバリエーションが豊富です。

だいたいの人はプラチナかゴールドのどちらかからチョイスすることがほとんどではないでしょうか。

またダイヤモンドとの相性も良いので、その点も人気の秘密と言えるかもしれません。

チタンやシルバーが使われることもある

それ以外で言えば耐久性の高いチタンを使ったり、リーズナブルなシルバーを使うこともあります。

チタンはそれだけで使うというよりはほかの素材と混ぜて使われることが多くなりますが、シルバーは単体で使われることが多いです。

ただしシルバーの場合、プラチナやゴールドに比べると錆びに弱い部分がありますので、メンテナンスはしっかりやらなければなりませんし、日常的に身に着ける指輪としては少し耐久性に心配なところもあるので注意が必要かもしれません。